讃岐育ち 海藻塩

讃岐育ち 海藻塩

讃岐育ち海藻塩

讃岐育ち 海藻塩

讃岐育ち 海藻塩

内容量:120g ,450g

価格:
120g入り ×1袋セット  ¥500(送料別)
120g入り ×3袋セット ¥1,350(送料別)
120g入り ×5袋セット ¥2,100(送料別)

450g入り ×1袋セット ¥1,800(送料別)
450g入り ×2袋セット ¥3,250(送料別)
450g入り ×5袋セット ¥7,020(送料別)

原材料名:海塩(香川県)・海藻抽出物

保存方法:直射日光を避け冷暗所に保存してください。

瀬戸内海でとれる海藻、ホンダワラを原料にした海藻塩です。
塩分を中和するカリウムを非常に多く含み、コレステロールや塩化ナトリウムを中和し、尿で体外に排出する働きをします
ミネラルが含まれているため、まろやかな口当たりと、ほのかな磯の香りがします。
海藻ミネラルなどが含まれてるために、薄茶色に仕上がりっております。、時期によって多少色むらがありますが、天然色なので一切ご心配ありません。

120g 讃岐育ち海藻塩120gのご購入はこちら

450g 讃岐育ち海藻塩450gのご購入はこちら

讃岐(香川県)の塩づくり

日本の塩つくりは一千年以上前から瀬戸内沿岸で始まっていたため、沿岸には多くの遺跡が出土してます。特に、讃岐国【香川県】は、天災が少なく、日照時間は全国平均113%と多く、「輝く県」とも呼ばれています。

そして、香川県は、昔より讃岐三白と言って、砂糖、小麦粉、塩の生産が有名で、特に『塩』は献上品として大切に扱われており、その恵まれた気候と、遠浅で、干満の差が激しい讃岐の海岸線は、まさしく塩作りに適した国でした。 浜辺で、古代の人々が海藻を焼き塩作りをしていた史実が万葉集に見られます。

来ぬ人をまつ帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ(藤原定家)


讃岐育ち海藻塩の特長

海藻塩特長1

海藻塩特長1

香川県産品

ホンダワラの収穫は、ミネラル、ビタミンなどのバランスがよい11月末頃から4月中頃まで行います。全長約2mほどに成長した物の中から色、つやの良い物だけを選び窯で刈り取ります。
100Lの海水と20kgのホンダワラと平釜に入れ、火加減をしながら約3〜4時間煮詰めます。
ホンダワラ海藻エキスを抽出し。加熱殺菌後、食塩とエキスを混合撹拌しもう一度弱火で炊き上げます。

讃岐育ち海藻塩の成分表

  
海藻塩
ナトリウム 39g/100g
カルシウム 200mg/100g
カリウム 80mg/100g
マグネシウム 110mg/100g

※平成20年3月26日 香川県産業技術センター試験・分析結果

使い方

おむすび、天ぷら、焼き魚、焼肉、握り寿司、焼き鳥、ラーメン、漬物塩など基礎調味料として和食はもとより中華や洋食にも最適です。
漬け物や梅干、味噌、しょうゆなどを作るときに精製食塩(白色塩)の代わりにお使いください。
また食用としてだけでなく、お風呂などにも入れていただくとお肌がすべすべになり、歯磨き粉の代わりに塩を歯ブラシに少しつけて歯磨きするとサッパリします。